秋田県看護連盟の会長挨拶です。当会は、日本看護協会が提言する政策や意見を国政に反映させる活動をしています。

会長挨拶

会長挨拶

TOP > 会長挨拶

秋田県看護連盟 平成28年度会長挨拶

 秋田県看護連盟ホームページをご覧いただき有難うございます。

この頃、毎日のように自然災害や、高齢者ドライバーの交通事故等々、殺伐としたニュースが流れ、心が痛みます。

当たり前の日常が、ある日突然、当たり前が繰り返されなくなります。だからこそ、当たり前の日常を大事にして暮らしたいと常々思いますが、秋田県はこれから厳しい冬をむかえますので、豪雪被害がでない事を願うばかりです。

さて、今年夏の参議院議員選挙で、たかがい恵美子議員が二期目の当選を果たす事ができました。

今回は、全国比例区で初めて秋田県からも、候補者が出馬した事で、危機を感じ、大変厳しい選挙活動でしたが、秋田県では3位の当選でした。ご支援下さったお一人お一人に深く感謝申し上げます。

しかし、全国的には今回の選挙結果は、看護連盟組織にとって大きな課題を残すものでした。

今後、超高齢化社会を支えるのは看護職です。この社会で生活する人々の問題、そして看護職が現場で抱える問題等、解決するにはどうするか。「あべ俊子・たかがい恵美子・石田まさひろ・木村やよい」4人の看護職国会議員に「現場の声」を届け、政策実現して頂き、「やりがい・いきがい・誇り」をもって働き続けられ、生活できるように活動していく事だと思っております。

その為にも看護職議員が国会での発言力を強められるように看護連盟も力をつけなければなりません。

その活動を支えるのは会員です。

優先課題は会員の増加です。連盟は選挙活動だけの団体ではない事、本来の目標である看護協会の政策提言の実現に向けて楽しく活動している事をご理解頂く為に努力してまいります。

皆様のご理解・ご協力を何卒宜しくお願い致します。

 

(平成28年11月)

秋田県看護連盟 会長 土田 妙

秋田県看護連盟 平成27年度会長挨拶

 

 種々の事情により、ホームページの会長挨拶を更新しないまま、あっという間に酷暑の季節も過ぎて、秋風を感じるようになりました。その後は、また酷寒の季節が到来します。でも、四季の移り変わりを楽しみ、自然災害が発生しないことを祈って毎日を送りたいと思っております。

 さて、秋田県看護連盟は、7月11日(土)平成27年度通常総会を無事終了し、来年の参議院議員選挙に向け、私もイメージカラーを“たかがいブルー”に変えて活動を開始しております。

 4月25日(土)の秋田市、および8月8日(土)県南地区(横手市)での「たかがい恵美子国政報告会」は、お陰様で多くの会員や一般の方々に、厚生労働大臣政務官として国政の場で大活躍しておられる、たかがい恵美子議員から直接お話しを聞いて頂くことができ、「看護職として誇りに思う。是非、私たちの代表として国会に送り出したい」「看護職で、こんなに素晴らしい人が国会議員で活躍していることは知らなかった。国民のためにも絶対当選してもらいたいから応援する」等々の声が多く寄せられました。今後の連盟活動の励みにもなりました。

 会員のみならず多くの皆様のご理解・ご支援を頂き、連盟活動を推進していく覚悟です。
しかし、連盟会員の入会数はまだ目標(2800人)に達しておりません。

 未加入の皆様ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

(平成27年9月)

秋田県看護連盟 会長 土田 妙

秋田県看護連盟 ホームページ開設

皆様、こんにちは。

 記録的豪雪に悩まされた秋田県にもようやく春の気配が感じられようになりました。残雪の下では、秋田の県花・フキノトウが早く芽吹きたいとうずうずしていることでしょう。

 私も春をむかえる喜びと、ようやくホームページを開設できる喜びでいっぱいです。

 昨年の参議院議員選挙では熱い活動を展開し、組織代表として初めての男性看護職「石田まさひろ」参議院議員を誕生させることができました。

 あべ俊子・たかがい恵美子・石田まさひろの看護職3人議員で、他の多くの国会議員の理解協力を得て、看護界の未来は明るいものになると信じております。

 今後は、秋田県看護連盟の活動をはじめ、医療・福祉・看護・介護など各方面のきめ細かい情報を皆様にお届けするとともに、現場の皆様からも多くの声を届けて頂き、政治・政策に変化をもたらすことが出来るよう努めてまいります。

 その活動のためにも秋田県看護連盟の会員が増えてくれることを切に願います。

 まだまだホームページ内容は不十分ですが、全国の看護職の皆様に、是非、ご覧頂きたいと存じます。

  (平成26年3月)

    秋田県看護連盟 会長 土田 妙

ページトップへ

お問い合わせ